身体の色んな悩みは専門家に相談して対策|更年期障害の辛さを解決

ドクター

女性特有のがん

聴診器をもった医師

子宮頸がんはウイルスに感染することによって発症するがんで、20〜40代までが好発年齢です。患者の低年齢化が進んでいます。予防接種もありますが副作用もあり慎重な判断が必要です。初期は症状がでないので定期的ながん検診が重要です。

もっと読む

最近の脳の検査

女の人

脳ドックを受ける場合、頭部の金属類には注意が必要です。アクセサリーや化粧品は、特に気を付けます。脳ドックは他のドッグ検査とまとめて受けると、さらにメリットが大きくなることが多いです。京都では、多様な検査とセットで脳ドックが受けられます。

もっと読む

どんな症状も相談しよう

医師と患者

現在では病院の診療科目が非常に細分化されているため、自分の症状はどこの病院で相談したらよいか迷う人も少なくないようです。しかし手足のしびれや痛みといった症状でも内臓の病気である可能性もあるため、まずは気軽に伊丹の内科を訪ねてみましょう。

もっと読む

つらい不調を予防するには

ウーマン

更年期障害とは、閉経前後の10年間ほどの間に起こる様々な不調の総称です。単なる不調ではなく、れっきとした病気です。主に女性がなるといわれていますが、男性にも同様の不調が起こるともいわれています。更年期障害はホルモンバランスの崩れが主な原因です。閉経に向けて女性ホルモンが急激に減少することによって様々な不調が起こります。ホルモンバランスの崩れ以外にも、その年代はストレスのかかるライフイベントが多いため、そうしたストレスも悪化の原因といわれています。対策をする必要性が高まっているのは、社会にストレス要因がどんどん増えてきているためです。様々な形でストレスがかかる現代人は、更年期障害をはじめとした体の不調が出やすくなっています。そのため、意識して対策をとる必要があります。

更年期障害の対策に重要なのは、生活習慣を整えることです。ホルモンバランスの崩れに対しては、ホルモン補充療法など医療の力を借りることもできますが、基本的に対策は難しいです。そのため、体と心の状態を保つことが最大の対策になります。基本的ながら難しいのが生活習慣を整えることです。食事、睡眠、運動のリズムを整えることが重要ですが、すべてを完璧に行うのは難しいので、まずは食事を整えるとよいでしょう。更年期は太りやすくなる時期でもあり、それがさらなるストレスになることもあります。太ること自体は自然なことでもあるのでストレスをかけてまでダイエットすることはないですが、栄養が不足していないか気をつけるのは重要です。しっかり食べているつもりでも、お菓子や間食が多くて栄養は足りてないということが少なくありません。まずはきちんと食べることを意識するとよいでしょう。