身体の色んな悩みは専門家に相談して対策|更年期障害の辛さを解決

診察

最近の脳の検査

女の人

金属類は取り外します

最近の脳ドックでは、CTやMRIといった画像診断用の医療機器が用いられます。このような機器を使った脳ドックは、相応のスタイルで受けることが大切です。特に磁気を使用して検査を行うMRIは、金属類の装着は厳禁となります。頭部の撮影を行う脳ドックの場合、ピアスやイヤリング、ラメ入りのマスカラなどは落とすのが基本です。こういった金属類は検査に支障を与えるだけでなく、時にやけどの一因です。MRIの検査は約15分から30分程度ですが、この間にかなり高い磁力を受けます。検査中、技師は別室に待機する形となり、対応にも時間がかかることが多いです。金属入りの入れ歯やインプラントを利用している方は、事前に申し出ます。

人間ドッグに加えられます

脳ドックを始めとするドッグ検査は、まとめて受けるのが様々な点でメリットを得るコツです。京都には、脳ドックと合わせて胃や腸の検査をセットで提供する病院が存在します。このような京都の病院の検査は費用が割高ですが、最短のスケジュールで検査を終えることが可能です。同じ病院で受けることが出来れば、移動の手間や負担が省けます。京都などの比較的大きな街には、総合的なドッグ検査を行う病院が数多く見られます。PET検査もセットになっていることがあり、全身のチェックが叶うのが京都の病院です。インターネットサイトから検査を申し込むと、ポイントが溜まることもあります。まとめて検査を受けるほど、ポイントの獲得率も高くなるのが常です。