身体の色んな悩みは専門家に相談して対策|更年期障害の辛さを解決

診察

どんな症状も相談しよう

医師と患者

細分化する診療科目

現在は内科とひとくちにいっても診療分野が非常に細分化されているため、体のどこかに不調を感じても何を専門とする内科にかかればよいか迷ってしまうという人も多いようです。しかし内科医の中にもそうした現状に問題を感じている人は多く、医者であるからには患者の病気を幅広く診療できる技量が必要であると考えている医師が伊丹には何人もいます。ですからちょっとした症状であっても気軽に伊丹の内科で相談してみるとよいでしょう。伊丹の内科では、病気が特殊なものであってより大きな病院での検査が必要と考えられる場合には紹介状を作成してくれます。紹介状なしでいきなり大きな病院に行くと高額な料金が必要になるので、まずは伊丹の内科にかかってみるのがおすすめです。

内臓の病気の可能性

勤務先の健康診断などで血液検査の項目に問題点があった場合など、伊丹の内科に相談すれば今後どのように症状の改善を図ったらよいかについて適切なアドバイスを得ることができます。生活習慣病などの改善には気長に腰を据えて取り組むことが大切なので、伊丹の内科をかかりつけ医として普段からどんなことも尋ねてみるようにすれば病気が進行するのを予防するのに役立ちます。手足のしびれや痛みのような、一見すると内科にかかるべきか整形外科にかかるべきかよくわからないような症状でもまずは伊丹の内科で診てもらうとよいでしょう。手足のしびれや痛みといった症状には、糖尿病や動脈硬化、静脈血栓症のような病気が原因となって現れるものもあるからです。