身体の色んな悩みは専門家に相談して対策|更年期障害の辛さを解決

診察

女性特有のがん

聴診器をもった医師

子宮頸がんは、ヒト・パピローマウイルスとよばれるウイルスに感染することによって発症する女性特有のがんです。主な感染経路は性交渉です。9割以上が性交渉から感染します。好発年齢は、20代から40代です。少し前までは40代から50代の女性に患者が多かったのですが、性交渉の低年齢化や避妊具の不適切な使用方法などにより好発年齢が下がってきています。感染してすぐ発症するわけでないので、原因となる性交渉が早いほど発症する年齢が早くなります。子宮頸がんは予防接種により予防することができるのも特徴です。副作用なども報告されているので予防接種については慎重な判断が必要です。症状としては、子宮からの出血やおりものの悪臭、色の変化などがあります。

子宮頸がんは進行するまで症状があまり出ないがんです。初期の段階ではほとんど症状はでず、ある程度進行すると性行為の際に子宮から出血したり、おりもののにおいがきつくなったりすることもあります。このような症状がでたら早めに婦人科を受診するとよいでしょう。女性は子宮頸がんだけでなく、子宮に関連した病気になる確率が少なくないので少しでも異常があるようなら早めに婦人科を受診するのが大事です。また、定期的にがん検診を受けることも重要です。子宮頸がんは20代から発症することがありうるので、20代のうちから子宮頸がん検診を習慣化するのがいいでしょう。一年に一回ほどの頻度でかまわないので、婦人科などで定期的に受けるようにしましょう。